生野書院 「日本遺産 銀の馬車道・鉱石の道」の常設展示

生野書院では、日本遺産に認定された近代化モデル鉱山の生野鉱山について、所蔵する貴重な資料を、蔵展示室において、令和元年9月7日より、常設展示して公開します。生野鉱山の明治近代化に重点を置いた常設展示は、初めての取り組みとなります。   

■テーマ 日本遺産「銀の馬車道・鉱石の道  ~生野鉱山 明治 近代化の歴史~

■主な展示内容
・明治期の機械設計図 4枚
  横須賀製鉄所製図 生野鉱山 搗鉱機設計図
  横須賀製鉄所製図 生野鉱山 ボイラー設計図
  横浜造船所製図  生野鉱山 ボイラー設計図
  横須賀造船所製図 生野鉱山 ピストンポンプ設計図
・神子畑支山鉱石運搬専用道路(鉱石の道) 位置図
・鷹巣堰堤及び馬渕堰堤 周辺測量図
・コワニェらフランス人技師が異人館で使ったランプ
・生野鉱山 鉱員社宅 設計図
・明治期の鉱山写真(太盛鉱山本部、山頂煙突、混こう所、搗鉱所など)、その他

※蔵展示室で別の企画展を開催する場合は、展示内容を変更することとしています。

生野書院のホームページはこちらをクリック

INFORMATION

日時
開館時間 午前9時30分~午後4時30分
休館日  毎週月曜日(祝日の場合は翌日)
場所
史料館 生野書院
料金
無料
主催
史料館 生野書院
TEL
079-679-4336(史料館 生野書院)